毎年年賀状を書く季節がやってくると、焦りに似た億劫な気分になることが多いものです。中には書くことが楽しみな方もおられるとは思いますが、私は「今年はどんなものにしようか」とギリギリまで放置して慌てて仕上げるのが通例になっています。それでもやめないのは、やはり貰った時の嬉しさが勝っているからに他なりません。貰って嬉しい年賀状とはどんなものでしょうか。

おすすめはネット印刷!ジャズおじさんが教える安い年賀状

私が思う貰って嬉しい年賀状とは、やはりその人らしさが滲み出ているような年賀状です。頂く年賀状は様々で、家族写真あり、テンプレートらしき印刷あり手作りのハンコあり、拘りの文章のみありです。そこに一言添えてあるかどうかも大事なポイントになると思います。例えば一言で家族写真と言ってもデザインはそれぞれ違いますし、親しい間柄であれば子どもの成長を楽しみに見ることもできます。写真のレイアウトに充分その人らしさが出ているものがあり、単調になりがちな家族写真の年賀状もいつも楽しんでいます。また子どもが独立してしまえば子どもの写真がなくなり、より個人的な特徴が強調された賀状にもなり得ます。
そんな年賀状に出会うのが楽しみで私は年賀状がやめられません。特に義理に縛られた年賀状を出すことをやめてからより楽しくなりました。がしかし、私の出す年賀状は喜んでもらえているのだろうか?というのは気になります。もちろん一言添えるのは欠かしたことがないのですが、デザインそのものは他人のものであり、プリンターまかせでした。そこで私は自分の撮った植物の写真を加工して送るようにしてみました。私が植物の写真を撮るのが好きなことを知っている友人たちには伝わるであろうと期待しています。そして、それが私らしさのある年賀状になればいいなと考えています。
近年届く年賀状は裏表が全て手書きなんていうのはほぼなくなりました。多忙な時期の習慣なので時間短縮には自分にとっても大賛成です。その上、元旦に届くことに対する拘りも薄れているようで、年が明けてからゆっくり作成する人もいるようです。義務感から出すものではなくなりつつあるのも感じています。それぞれの生活スタイルに合ったものこそその人らしさが出るのではないかと思いますし、私も特に元旦にはこだわりません。
貰って嬉しい年賀状、その人の顔がありありと思い浮かぶような年賀状、そんな年賀状が新年に届くなんてとても素敵なことです。年賀状を送るというよりも、「贈る」と考えて私はこれからも新年の挨拶を続けたいと思います。

私の中学生時代までは今みたいに携帯電話のメールやラインが普及しているわけではないので、友達との連絡手段は家の固定電話や手紙でした。なので、お正月には冬休みで学校や部活が休みのため、会っていない久しぶりの友達から年賀状が来るのが楽しみでした。今より年賀状のやり取りが多かったです。学生時代の年賀状の思い出は、好きな男の子に送ろうかどうしようか悩んで友達と一緒に書いてもらったり、好きな人にだけ送ると自分の気持ちがばれてしまうのではないかと思い、全然関係ない男の子にまで年賀状をカモフラージュで出したりしました。やっぱり恥ずかしくて出せない年もあり、しかしお正月に向こうから年賀状が届くと出しとけばよかったと慌てて年賀状を書いたりもしました。

安くても良い年賀状が増えた理由は公正取引委員会のホームページでも解説をしています。

参考⇒私たちが安くて良い商品を買える理由|公正取引委員会

また、仲良い友達から来る年賀状も友達の個性が出ていてイラストから全て手書きの大作のものもあったり、それぞれのメッセージを読むのがお正月の楽しみでもありました。また、私の部活では先輩に年賀状を手書きで書かなければいけない風習があり、その際に去年の反省、今年の目標、その先輩の見習いたいところを書かなくてはいけません。部活仲間で集まって書いていましたが、憧れの先輩にはみんな書けるのですが、みんなが嫌う先輩には「憧れるとこなんてないよ」「あっ、プレイが下手なのにどうしたらそんなにえらそうになれるんですかって書こうか」等みんなで和気あいあいとくだらない事を話しては書いていたのを思い出します。そして、部活仲間と今でも集まってはその話題になり盛り上がります。高校時代になると、携帯電話のメールが普及して、年賀状もメールでのやり取りに移行してほとんど書くことがなくなりました。社会人になり、上司の方や取引先、お客様に書きましたが、宛名も裏面も会社で印刷してくれるので楽でした。

年賀状には色々な出し方がありますが、安い値段で出すのであればネット印刷が一番です。安い年賀状の公式サイトには下記のように解説がされております。

年賀状印刷の方法を紹介しましたが、やはりオススメなのはネット注文です。

一番の理由は、年末の忙しい時期にも時間をかけずに、手の込んだ年賀状を作ることができるから。

例えば、一から年賀状デザインをして印刷まですべて自分で行うとしましょう。

すると、はがきを完成させるのにかかる時間は最低でも3時間。

それに対して、作りやすさが魅力のネット注文では30分ほどで完成するでしょう。

納期までに1~2日かかるかもしれませんが、それでも30分で年賀はがきが完成するのは大きな魅力ですよね。

特にスマホではがき制作できるアプリの魅力は、隙間時間で年賀はがきを完成できるということ。

通勤時間や休憩時間に少しずつ制作すれば、年賀はがき作りも苦になりません。
出典:安いおすすめ年賀状【公式】

以上の事からも安い年賀状はネット印刷が一番だという事が分かるのです。

結婚した年に結婚式にきてくれた方に年賀状を出しました。こんなに年賀状を出すのは久しぶりだねと旦那とも話しました。結婚式の写真付きの年賀状にしたので、自分達にも一枚記念にとっておきました。そして、子供達が産まれると毎年子供達の写真、家族写真をその年の一番よく撮れたやつを選別して年賀状にすることが我が家の定番になりました。今では携帯から年賀状の構成から発注もアプリで出来るのでプリンタがなくても助かります。昔より楽になったとはいえ、やはりめんどくさい気持ちはあります。でも、いい家族の思い出にもなるのと、中々遠方に行ってしまって会えない友人と久しぶりに年賀状でやりとりすると嬉しい気持ちになります。